忍者ブログ

GBblog

MENU

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

買う予定ゲームリスト(更新)

Watch Dogs(海外5.27)
Murdered: Soul Suspect(海外6.3)
Sniper Elite 3(海外6.27)
Batman Arkham Knight(海外10.14)
Far Cry 4(海外11.18)
Dying Light (2014)
Uncharted 4 (2014)
The Order: 1886 (2014)
Volume
The Long Dark
Metal Gear Solid V: Phantom Pain
Borderlands 2.5
Never Alone

(増える予定)

<考え中>
Kill Zone Shadow Fall(発売中)
Tangiers
The Division
The Witness
Cyberpunk2077
Basement Crawl
Mad Max
Valiant Hearts
Middle-Earth:Shadow of Mordor
Sniper Elite Nazi Zombie Army
Get Even (2015)
SOMA (2015)

<購入済み>
AC Liberation HD
Jazzpunk
Thief
Knack
Metal Gear Solid V: Ground Zeroes
Dark Souls 2
inFamous Second Son
Child of Light
Wolfenstein
PR

Arkham Origins



Arkham Origins(邦題アーカム・ビギンズ)を海外版で一足先に遊んでます。
前作のシティとほとんど同じじゃないかつって、シティの時90点台あげてたのに今回70点台しかあげなかったレビュー記事もあったんですが、確かにゲームプレイでの目新しさはガジェット増えた以外ほとんど無いんですけど、前回駆け足でプレイして満足しちゃったのに今回はなんか面白くて細かい宝探しもやりこんでます。多分シティより好き。好きなとこあげるとキリがないんで言いませんけどホワイトクリスマスなゴッサムは素敵です。
ゲーム内でよくバットマンとアルフレッドが無線で会話するんですけど、2人めっちゃ愛し合ってるなーと。いやらしい意味ではなくて、お互い男らしく気にかけあってるなーと。家族や相棒って雰囲気でもないんですよね。それを再認識。
ちなみに英語版は今回からバットマンの声をエツィオ担当した声優さん、ジョーカーはラストオブアスのジョエルやバイオショックのブッカー担当した声優さんがやってて2人とも普段と全然違う声出してますがすごく上手です。

GTA5



グランド・セフト・オートってアホゲーでしょってちょっと斜めから見ながら5をプレイしてみたら、意外と質の高いゲームでした…作り手の細かい所へのこだわりがすごい。ストーリーも無いと思ってたらちゃんとあって、映画「ハングオーバー」のような(内容全然違うけど)クレイジー感と、主人公キャラ達に愛着湧いてしまうような展開があって、じわじわとハマってしまった。車運転するゲーム苦手なのにそれ以上に面白い事が多くてやめられません…カットシーンも会話が面白くて、全然退屈しません。
今のアメリカのアカンとこ強調して皮肉った世界で、かなり下品です。それでも基礎となるゲームの作りがしっかりしてるんでかっこいいんです。わかんないけど、多分。
レッドデッドリデンプションでRockstar好きになったけどさらに好きになった。(でもLAノワールはいまいちハマれませんでした)
マップが広大なのとミッション多いのと移動に時間かかる(瞬間移動できない)ので長い時間かけてまったりプレイするのがいいみたいです。

Gone Homeプレイしました



ヨーロッパ旅行に出てた大学生の主人公が帰宅すると家は無人で…家の中を捜索しながら家族それぞれの事情と何が起こったのかを解き明かして行くようなゲームです。
今のところ英語だけですが、今後ファンによって色んな言語に翻訳される(かもしれない)そうです。


以下エンディングなどのネタバレ注意


















海外での感想はどれもとても高くて、感動したとか泣いたとか共感出来たとか言っている人がほとんど。
私個人的には…ゲーム終わってからの感想は感動よりも「ふぅん」という感じでしたw 設定がとってもアメリカンだからかな、映画見てるような他人事に見えてしまうのだけど、色んな問題抱えた90年代の平凡な家庭ってあっちの人はもっと身近に感じたり懐かしく思って感情移入しちゃうのかもしれない。

家の捜索は簡単に済まして大事な事だけ探して進める事も可能だけど、細かくやろうと思えば過去のメモや手紙が色々出て来るので、結構深い考察をしてる人達もいました。父親が売れない作家(昔は売れてたのかな)で母親は自然保護団体関係?に勤めてて旦那と最近あまりうまくいってなくて不倫目前とか、あとストーリーのメインは高校生の妹で、彼女の幼い頃に書いた物語や学校で出会う友達とのメモなどを拾っては読むうちに、妹がレズビアンである事がわかります。その女友達と内緒で付き合って、色々あってゲームの最後には2人で駆け落ちしましたお姉ちゃんごめんねみたいな手紙を見つけて終わり。
サラッと書いたけどもうちょっと感傷的な感じでw 
そこまで感動はしなかったけど、各自の事を知って行くうちにこの家族に愛着が湧くのはわかります。
知らない家に勝手にお邪魔して宝探し&軽い脱出ゲームみたいな感覚は面白かった!

【ネタバレ注意】The Lasf of Usクリアしました




壮大にネタバレしています。エンディングについて書きますのでご注意ください

























先に結末から言ってしまうと、














ジョエルもエリーも死なず、2人はまたゾンビだらけの世界へ戻っていきました。
多分弟のところへ戻るんだろうね?無事戻れたなら。
これはヒーローが人類を救うお話じゃなくて、以前娘を亡くした普通のオジサンが同じ思いをしたくないために人類よりも女の子を救う事にした、というなんとも自分勝手な主人公の話でした。
語り継ぐような偉人の話ではなく、この世界の一部を見せてくれただけのような、終わってみたらそんな感じ。

最後のエリーの言葉から、エリー自身は自分を犠牲にしても人類を救った方が良かったと思ってるかもしれないし、ジョエルがウソをついてるって分かってながら信じるフリをしたのかもしれないけど、そのわだかまりはエリーの中に残るだろうし、もし今後Firefliesが彼女を捜しに来たら、事情を理解すれば自ら捕まるかもしれない。
そうならなかったとしても、これで2人は永遠に幸せに暮らしました、には絶対ならないだろうなって思う…

ゲームプレイ自体は私は好きだったかも…撃つばっかりじゃなくてステルスも出来たし、限られた資材で武器作って、っていうのも面白かったし。
ジョエルがエリーに対してツンツン→ツンデレ→デレに変わっていく感じは萌えました。最後デレデレ。
冬のステージが一番記憶に残ってます。

× CLOSE

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[05/23 GB]
[05/23 長尾]
[01/01 namakemono]
[10/02 namakemono]
[09/30 GB]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
GB
HP:
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © GBblog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]