忍者ブログ

GBblog

MENU

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボダラン2カバー比較

北米版


日本版


なんだろう、日本人には女性キャラを前に出した方がいいっていう考え方?
あきらかにダサくなってるし面白くなさそう…
何度も言うけどすごい面白いんですよ。
PR

アサクリ3クリア【ネタバレあり】

先ほどクリアしました。
ネットでネタバレを読んでしまう前にメインミッションを急ぎ足で進めたのでサブミッションはほぼ全く手を付けてない状態ですが。

以下盛大なネタバレありなのでご注意ください



























終わってみて一番思ったのは、現代組がやっぱり軽く扱われてる感があるなぁと…
自分が勝手に思い入れしちゃってるからかもしれないけど、アサクリ1から4、5年積み上げて来た結果がこれ??ってシーンが色々あって納得いかなかった。デズモンド達にとっては数週間か数ヶ月の話なんだろうけど。
マンハッタンやブラジルへせっかく行ったけど5、6分で終わる簡単なミッションばかりで、その間仲間同士で身のある会話もないし、ただ行って用事すませて帰るだけのミッション。
デズがアブスターゴ社へ乗り込む話なんか、正面玄関から堂々と入っていったらヴィディックが目の前にパパ座らせてガード達を突っ立たせてて、そこでリンゴ使って他のガード達と同じノリで殺しておしまいってあんた、ヴィディックは1からずっとメインのヴィランだったじゃないの…!もっとドラマチックに殺して欲しかったよ。
あとクロスの事は密かに次の現代組の主役だったらいいなとか思ってたのに、これもなんか彼が今後重要みたいな伏線はってるように展開してったのに追いかけて刺したらカットシーンも無く終了って…これまた他のガード達と変わらない扱いじゃないか。そしてそこから逃げる時にリンゴ使うんだったら最初から使っとけよ、っていうのはゲーム的に出来ないのは分かるんで言わないけど。
最後デズモンドが他のみんなに逃げろって言った時、パパ一番に逃げ出してるしww息子が死のうとしてるんですよ???

そういった事や、細かい場面でアレェなんか納得いかないって思う事が多くて、私の4年間のデズへの想いをどうしてくれたのって感じなのでした…

でも、デズはちょっと前から自分は無事に終われないんじゃないかと感じていて、パパに母親の話とかこれが片付いたら家に戻りたいって言いながらも戻れないかもって思っていて、NYCやブラジルへの移動時間中やアニムス入る瞬間にもうこの人生終わらせた方がラクっていう覚悟をしてしまってたのかもしれない、とか勝手に思うと泣けて来ますわ

コナーに関しては、あの曖昧な終わり方しかないのかなと…歴史的にネイティブアメリカンはその後もどんどん虐げられるわけだし…開拓者の数名殺したって世界は変わらないのかなあという切なさ。

思い起こせば全体的に超壮大な話だったのかな、と思うんですが
とにかく現代組は電波過ぎてまだ全く意味不明なのでwww今後wikiでも拾い読みしながら一体誰が何をしてこうなったのかというのを理解しようかな、しないでおこうかな
残りのサブミッションは…正直船作ったり物資集めたりってのは興味無いので…やろうかな、やらないでおこうかな




ボーダーランズ2クリア



\(^0^)/おもろかったけどきつかったー!

途中頼りになるフレンドさんに助けてもらいましたが、ほとんど1人でなんとか切抜けました。
とにかく敵から遠く離れて地味なスナイピングをモットーに…
ゼロさんのアビリティが全然攻めに役立たなくて、使う事も忘れてた事が多かったんですけどクナイいっかい投げてみたいんでやり残したミッションとDLC頑張って投げれるまでレベル上げてみようと思います。

アサクリ3までにボス倒せてよかった。あと2日!

ガイドブックが


届いてるんですけどまだ開けられなくて辛い。
あと6日ですねええええええェェェ

× CLOSE

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[05/23 GB]
[05/23 長尾]
[01/01 namakemono]
[10/02 namakemono]
[09/30 GB]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
GB
HP:
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © GBblog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]